1級管工事施工管理技士


問題詳細№

PR

その他の過去問


№27~№32(H22年度午前A問題)

問題No. 15からNo.37までの23問題のうちから12問題を選択し、解答してください。


【No. 27】下水道の管きょに関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 管きょの最小管径は、汚水管きょでは150mm、雨水管きょでは200mm を標準とする。

(2) 管きょ径が変化する場合の接合方法は、原則として、水面接合又は管頂接合とする。

(3) 伏越し管きょ内の流速は、上流管きょ内の流速よりも速くする。

(4) 管きょに取付管を接続する場合の取付部は、管きょに対して60度又は90度とする。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 28】給水設備に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
ただし、予想給水量は同じとする。

(1) 直結増圧方式は、高置タンク方式に比べて、給水引込み管の管径が大きくなる。

(2) 直結増圧方式は、各水道事業体によりメータ口径や配管システム等が詳細に決められている。

(3) 直結増圧方式と高置タンク方式は、ポンプの吐出し量が同じになる。

(4) 直結増圧方式では、逆流を確実に防止できる逆流防止器が必要である。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 29】給水設備に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 受水タンクの上にやむを得ず排水管を通す場合、配管の下に受け皿を設置し、受水タンクとの空間を1m確保する。

(2) 圧力式のバキュームブレーカは、常時水圧のかかる配管部分に設けられる。

(3) 洗面器の吐水口空間とは、給水栓の吐水口端とあふれ縁との鉛直距離をいう。

(4) ウォータハンマ防止等のため、給水管内の流速は、一般に、4.0m/s以下とする。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 30】給湯設備に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 中央式の給湯管内の給湯温度は、レジオネラ属菌の増殖を防止するため、60 ℃程度とする。

(2) 住戸セントラル給湯に使用する瞬間式ガス湯沸し器は、冬期におけるシャワーと台所において湯の同時使用に十分に対応するためには、12号程度の能力が必要である。

(3) 圧力逃がし弁を給湯用温水ボイラの逃がし管に替えて設置した。

(4) 中央式給湯設備の熱源に使用する真空式温水発生機の運転には、有資格者を必要としない。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 31】排水・通気設備に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 排水横枝管の勾(こう)配は、管径65mm 以上100mm 以下の場合は1/100を最小勾配とする。

(2) 排水立て管に45度を超えるオフセットを設ける場合、オフセットの上部及び下部600mm以内には、排水横枝管を接続しない。

(3) ループ通気管の管径は、その排水横枝管と通気立て管の管径のうち、いずれか小さい方の1/2以上とする。

(4) 排水管に設ける通気管の最小管径は、30mm とする。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 32】排水トラップ及び阻集器に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 阻集器にはトラップ機能をあわせ持つものが多いので、器具トラップを設けると、二重トラップになるおそれがある。

(2) 排水トラップの深さ(封水深)は50mm 以上100mm以下とするが、特殊の用途の場合には100mmを超えるものもある。

(3) オイル阻集器は、ガソリン等の流出する箇所の近くに設け、ガソリン等を阻集器の水面に浮かべて回収し、それらが排水管中に流入して、爆発事故を起こすのを防止する。

(4) トラップの自己サイホン作用を防止するため、器具排水口からトラップウェアまでの鉛直距離は800mm以下としなければならない。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >>
1級管工事施工管理技士試験 過去問サイト
24年度1級管工事施工管理技士試験過去問集
23年度1級管工事施工管理技士試験過去問集
22年度1級管工事施工管理技士試験過去問集








役立ちツールサイト
給与手取り計算
賞与手取り計算
給与明細書発行
社会保険料額表
年末調整税額計算
タイムカード計算
タイムカード計算/残業付き
損益分岐点売上高
退職金を計算
労働保険料計算
源泉徴収税額票
賞与支給時税額表
都道府県別最低賃金
贈与税計算
相続税計算





Copyright (C) 2010-2013 All right reserved by ヒューマンバリュー