1級管工事施工管理技士


問題詳細№

PR

その他の過去問




№38~№44(H22年度午前A問題)

問題No.38からNo.44までの7問題は必須問題です。全問題を解答してください。


【No. 38】送風機に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 軸流送風機は、遠心送風機に比べて、構造的に高速回転が可能で、低圧力・大風量を扱うのに適している。

(2) 多翼送風機の軸動力は風量の増加とともに低下するが、軸流送風機の軸動力は風量の増加とともに増加する。

(3) 後(あと)向(む)き羽根送風機は、多翼送風機に比べて、高速回転が可能であり、高圧力を必要とする場合に適している。

(4) 斜流送風機は、羽根車の形状及び風量・静圧特性が軸流送風機と遠心送風機の中間にある。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 39】開放形冷却塔に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 冷却塔の出口水温は、外気の湿球温度より低くすることはできない。

(2) 冷却塔の入口水温と出口水温の差をアプローチと呼び、一般に、5℃前後としている。

(3) 冷却水系のスケールは、硬度成分が濃縮し塩類が析出したもので、ブローダウン等によりその発生を抑制できる。

(4) 冷却水系のスライムは、細菌等の微生物が土砂等を巻き込んで泥状塊となったもので、対策として塩素系薬剤による殺菌が有効である。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 40】冷凍機に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 直だき吸収冷温水機は、遠心冷凍機に比べて、運転開始から定格能力に達するまでの時間が長い。

(2) スクリュー冷凍機は、空気調和用の中・大容量の空気熱源ヒートポンプとして多く用いられている。

(3) 遠心冷凍機は、往復動冷凍機に比べて、容量制御が容易で、負荷変動に対する追随性が良い。

(4) スクロール冷凍機は、地域冷房用等の大容量のものに多く用いられている。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 41】配管付属品に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) スイング逆止め弁は、リフト逆止め弁に比べて、弁が開いた状態での開口面積が大きく、圧力損失が少ないので大口径まで使用される。

(2) スモレンスキ逆止め弁は、リフト逆止め弁にばねと案内傘を内蔵した構造で、バイパス弁付きのものがあり、ポンプの吐出し側垂直配管に使用される。

(3) 単式スリーブ形伸縮管継手は、単式ベローズ形伸縮管継手に比べて、継手1個当たりの最大変位量が小さい。

(4) フレキシブル形管継手は、軸に対して直角方向の変位を吸収するために用い、変位量が大きいほど全長を長くする必要がある。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 42】ダクト及びダクト付属品に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 内張りダクトは、低い周波数より高い周波数の騒音に対する消音効果が高い。

(2) 低圧ダクトの使用範囲は、常用圧力で正圧500 Pa以下であり、負圧の制限はない。

(3) 同一材料、同一断面積のダクトの場合、同じ風量では円形ダクトの方が長方形ダクトより単位長さ当たりの圧力損失が小さい。

(4) 大温度差空調に用いる吹出口は、誘引比の大きなものを選定する。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 43】JISに規定する配管に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 銅管のMタイプは、Lタイプより管の厚さが厚い。

(2) 水道用硬質ポリ塩化ビニル管のHIVPとVPの使用圧力は、同じである。

(3) 圧力配管用炭素鋼鋼管は、スケジュール番号の大きい方が管の厚さが厚い。

(4) 一般配管用ステンレス鋼管は、配管用ステンレス鋼管より管の厚さが薄い。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 44】「公共工事標準請負契約約款」に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 工事材料の品質については、設計図書にその品質が明示されていない場合にあっては、中等の品質を有するものとする。

(2) 請負者(受注者)は、設計図書に基づいて請負代金内訳書及び工程表を作成し、発注者に提出する。

(3) 監督員は、工事の施工部分が設計図書に適合しないと認められる相当の理由がある場合において、必要があると認められるときは、理由を請負者(受注者)に通知して、最小限度破壊して検査することができる。この場合の検査及び復旧に直接要する費用は、請負者(受注者)の負担とする。

(4) 発注者は、請負者(受注者)から工事が完成した旨の通知を受けたときは、工期最終日から14 日以内に完成検査を完了し、検査結果を請負者(受注者)に通知しなければならない。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >>
1級管工事施工管理技士試験 過去問サイト
24年度1級管工事施工管理技士試験過去問集
23年度1級管工事施工管理技士試験過去問集
22年度1級管工事施工管理技士試験過去問集








役立ちツールサイト
給与手取り計算
賞与手取り計算
給与明細書発行
社会保険料額表
年末調整税額計算
タイムカード計算
タイムカード計算/残業付き
損益分岐点売上高
退職金を計算
労働保険料計算
源泉徴収税額票
賞与支給時税額表
都道府県別最低賃金
贈与税計算
相続税計算





Copyright (C) 2010-2013 All right reserved by ヒューマンバリュー