1級管工事施工管理技士


問題詳細№

PR

その他の過去問


№13~№17(H24年度午後B問題)

問題No.1からNo.17までの17問題は必須問題です。全問題を解答してください。


【No. 13】ダクトの施工に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) アングルフランジ工法ダクトは、フランジ部の鉄板の折返しを5mm 以上とする。

(2) 共板フランジ工法ダクトは、天井内の横走りダクトの吊り間隔をアングルフランジ工法ダクトより短くしなければならない。

(3) 亜鉛鉄板製の排煙ダクトは、角の継目にピッツバーグはぜを用いてはならない。

(4) 送風機の吐出し口直後にエルボを取り付ける場合、吐出し口からエルボまでの距離は、送風機の羽根径の1.5 倍以上とする。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 14】ダクト及びダクト付属品に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 亜鉛鉄板製円形スパイラルダクトは、亜鉛鉄板をら旋状に甲はぜ機械掛けしたもので、高圧ダクトにも使用できる。

(2) シーリングディフューザ形吹出口は、冷房時には、冷房効果をあげるため、中コーンを下げる。

(3) 防火ダンパの温度ヒューズの作動温度は、一般系統用は72℃程度、厨房排気系統用は120 ℃程度とする。

(4) 最上階、屋上等を横走りする主ダクトに耐震支持を必要とする場合は、20 m 以内に1箇所、形鋼振止め支持を設ける。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 15】保温に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) グラスウール保温材の24 K、32 Kなどの表示は、保温材の耐熱温度を表すもので、数値が大きいほど耐熱温度が高い。

(2) ポリエチレンフォーム保温材は、水にぬれた場合でも、グラスウール保温材に比べ熱伝導率の変化が小さい。

(3) 事務室天井内の冷水管をグラスウール保温材で保温する場合の施工順序は、1.保温筒、2.鉄線、3.ポリエチレンフィルム、4.アルミガラスクロスとする。

(4) ステンレス鋼板(SUS 304)製貯湯タンクは、エポキシ系塗装により保温材と絶縁する。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 16】機器の試運転調整に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 揚水ポンプは、高置タンクの減水警報を発報させて、停止することを確認する。

(2) 冷凍機は、冷水ポンプ、冷却水ポンプ及び冷却塔が起動した後、起動することを確認する。

(3) 排水ポンプは、排水槽の満水警報を発報させて、ポンプ台が同時運転することを確認する。

(4) 温水ボイラは、火炎監視装置(フレームアイ)と火炎の間を遮断して、バーナが停止することを確認する。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    


【No. 17】防振に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 金属ばねは、高い強制振動数に対して、サージングを起こすことがある。

(2) 防振ゴムは、一般に、金属ばねに比べて、ばね定数が小さい。

(3) 振動伝達率は、防振架台に載せる機器の重量が大きくなると、小さくなる。

(4) 防振ゴムは、垂直方向だけでなく、水平方向も防振性能を発揮できる。

解答:1. 、2. 、3. 、4.    

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >>
1級管工事施工管理技士試験 過去問サイト
24年度1級管工事施工管理技士試験過去問集
23年度1級管工事施工管理技士試験過去問集
22年度1級管工事施工管理技士試験過去問集








役立ちツールサイト
給与手取り計算
賞与手取り計算
給与明細書発行
社会保険料額表
年末調整税額計算
タイムカード計算
タイムカード計算/残業付き
損益分岐点売上高
退職金を計算
労働保険料計算
源泉徴収税額票
賞与支給時税額表
都道府県別最低賃金
贈与税計算
相続税計算




Copyright (C) 2010-2013 All right reserved by ヒューマンバリュー